山口県防府市の、インプラント・マイクロスコープ精密治療から、歯周病・予防歯科まで、総合治療のあい歯科クリニック

あい歯科クリニック高倉防府市高倉の歯科

初診はメールで予約ができます。トップへアクセスへごあいさつへスタッフ紹介へ院内ツアーへ費用へメールへブログへリンク集へ

◆より詳しく知りたい

◆治療の真髄、根の治療

◆インプラント治療とは

◆目立たない白い歯

◆事故で歯が折れた!

◆歯並び、矯正治療

◆あまり削りたくない

◆子供の治療、予防

◆いろいろな義歯、入れ歯

◆歯ぐきが変!粘膜疾患

◆大掛かりな治療

防府市の歯科あい歯科クリニック 防府市の歯科あい歯科クリニック2 防府市の歯科あい歯科クリニック3

<当院の考え方>

あい歯科クリニックでは、皆様のお話をしっかり聞いて、解りやすく説明する、不安を取り除くなど
ホスピタリティーを大切にしております。

治療においては、歯科用CTを用いた画像診断や、難易度の高いインプラント手術、
コンピューター分析・シミュレーション、またマイクロスコープを使った
最新の精密治療を受けることができます。

ただし、基本的な考え方としては、そのような治療を多く行うよりも、そのような状況に至らないよう
予防をすることを一番大切に思っております。

“生涯にわたり、みなさまの健康維持のお手伝いをすること”、が私たちの使命です。

 

 

大切にしている3つの心

やさしい親切なおもてなし 解りやすい説明 高い技術医療水準

口コミで人気

 

あい歯科でできる、専門的治療

インプラントや骨移植

歯を残す 歯科用顕微鏡を用いた手術や根管治療

歯周病治療 審美治療、ホワイトニングとセラミックス

痛くなく、心地よいクリーニング

歯科用CT

歯科用CT完備!

・インプラント手術 ・歯内療法処置(根の治療) ・さまざまな外科処置に安全に正確に対応できます。

(歯科用CTは口腔領域の撮影に特化しており、あごの骨のアーチに合わせてスライスできるのが最大の特徴。)

インプラントガイドシステム

最先端インプラントシステム~
ストローマンガイドシステムを導入しております。

理想的な審美性、機能性を再現するために、コンピューターであらかじめシミュレーションを行うこと。
また、シミュレーション通りに再現できるような装置を作製し、インプラント埋入を行うこと。

■難症例における予知性の向上  ■より安全に  ■侵襲度の低い治療を実現

保証制度について

あい歯科では、自由診療の安心保証制度(一部対象外)を5年間設けております。

治療終了時、ご希望の方には保証書を発行しております。

保証内容は、経過年数により一部変動いたします。

詳しくは、下記をご参照ください。

5年間の保証

 

よくある質問

Q、初めてなのですが、予約は必要でしょうか?

A、お待たせしないために、できればご予約をお願いします。ただし、突然の初診でも可能な限り対応いたします。

Q、勝手に歯を抜かれたり、削られたりしないでしょうか?

A、説明と、同意のもと、施術は行いますので、ご安心ください。

Q、すぐに処置をしてほしいのですが・・・

A、処置をする判断基準には本人のご希望もそうですが、“緊急性、効果・効率、予約の状況”にもあります。それらを総合的にみて判断しておりますので、必ずしもご希望に添えない場合もございます。(痛みがれば、なるべく除痛しますが・・・)

Q、他院でこう言われたが、他に方法は無いのでしょうか?

A、セカンドオピニオン(第二の意見)として、ご利用ください。また、ご希望であれば、治療は受けることはできますが、誘導したり無理強いしたりはいたしません。

Q、痛みにとても弱いのですが・・・

A、お痛みが出ないかは、最大限注意いたしております。また、心配でしたら、遠慮なく声を掛けてください。われわれも、痛がる姿は見たくないのです!!

Q、応急処置のみ希望ですが、大丈夫ですか?

A、もちろん、大丈夫です。仮歯がとれた、かかりつけが休みだが、ちょっとみてほしい、差し歯がとれたetc・・・対応いたします。ただし、場合により検査を行う場合がございます。

Q、歯周内科やパーフェクトペリオは採用していますか?

A、確立した医療ではないという見解ですので採用しておりません。エビデンス(根拠)に基づいた治療を行うことで、十分な治療成績を獲得できると考えております。(詳しくは歯周病学会ホームページへ)

Q、3MIXMP法にて神経の保存を行っていますか?

A、行っておりません。ただし、いくつか現存する別の方法にて試みることはしばしばあります。3MIXMP法だけが唯一の方法ではありません。また、神経を残すことが治療の目的だとも思っておりません。歯を生涯機能させることを目的と考えております。(日本歯科保存学会の見解;PDF開きます。)

Q、車椅子は大丈夫ですか?

A、バリアフリーになっており、問題ありません。車椅子で乗り降りしやすいような、駐車スペースや,雨の日もぬれにくいような屋根がついております。 ベビーカーもOKです。

Q、払った医療費が返ってくる制度って、どんなものですか?

A、もっと読む、の“医療費控除について知りたいのですが・・・”をご参考ください。

 

 

過去のトピックス

□平成29年
□平成28年
□平成27年
□平成26年
□平成25年
□平成24年

よくある質問2

平成29年1月 CEセミナーOB会

 今年もスタートは名古屋から。1月8日、毎年恒例のCEセミナーOB会が開催されました。

 今回のテーマは、歯内療法です。Domenico Ricucci先生をお招きして、Endodontologyのご講演及び出版記念パーティーです。

月星CEセミナーOB会2017リクッチ先生のご講演

 歯内療法とは、このHPでも書いている通り、歯の中部に感染が起こる病気です。

 理論上、感染を除去して再感染を防ぐようしっかりシールすれば治癒、安定します。しかし、現実では不可逆的な歯髄炎で9割、一度神経を抜

いた歯の感染は、7割程度の成功率と言われています。しかし、これはアメリカの専門医が行った際のデータで、日本では非常に厳しく見積も

られています。(5割以下、一説には3割程度の成功率)

 なぜそんなに悲惨な結果になっているか・・・これは保険診療では、まじめにやればやるほどお金にならない治療なので、特に日本では発展

しないのです。

 しかし近年、CTやマイクロスコープ、ニッケルチタンファイルが登場し、飛躍的に歯内療法の治療環境が整い、自由診療にて専門的に行うク

リニックが現れました。

 時代のトレンド的に、インプラントがブームになったが、やはり自分の歯を最大限残すことが、一番有益だという、いろいろな失敗から学んだ

流れはあります。

リクッチ先生と

 それはさておき、リクッチ先生の驚かされるところは、難治性の感染根管において、組織学的な裏付け(ヒトの)があるところです。大抵、この

手の話は、動物の組織切片を採取し、そこから予測するのが王道なのだが、実際にヒトの組織切片(主に抜去歯)を示しているのは他にない。

 なぜ治らないのか・・・実際に見るのが一番わかりやすいですね(^^;)スライドも美しくて、リクッチワールドに引き込まれてしまいます。僕たちも

活字ばっかりの難しい本や内容よりも、見た目に美しい絵や写真が多いほうが、頭に入ってきます。

月星先生と恒例のショット

  今回、氏の著書の日本語出版記念という事で、パーディーがありました。他の本と照らし合わせながら、熟読したいと思います。

  しばらくは僕の晩酌のお供になりそうです。

endodontology

 気になるお値段は¥26,000。医学書って高いでしょ~。でも大型本としては、お得かもしれません。しかも氏のサイン付き(^^)

 働いたお金は、こういうものに惜しみなく費やしたいですね。

コピーライト