山口県防府市の、インプラント・マイクロスコープ精密治療から、歯周病・予防歯科まで、総合治療のあい歯科クリニック

あい歯科クリニック高倉防府市高倉の歯科

初診はメールで予約ができます。トップへアクセスへごあいさつへスタッフ紹介へ院内ツアーへ費用へメールへブログへリンク集へ

過去のトピックス

□平成29年
□平成28年
□平成27年
□平成26年
□平成25年
□平成24年

・平成29年5月 5th Jan Lindhe International Symposium

5月5日、6日とスウェーデンのイエテボリにて、5th Jan Lindhe International Symposiumが開催されました。

Göteborgイエテボリ大学

歯科界=スカンジナビアorUSAなのですが、どちらも研究が盛んに行われております。

特にスウェーデンのイエテボリ大学は、チタンが骨と結合することを発見し、その後インプラントの生みの親となる故ブロネマルク先生や、歯周病学の世界的権威であるヤーンリンデ先生を輩出しております。

リンデ先生は現在80歳を超えるご高齢で第一線こそ退いておられますが、まだまだ表舞台に立つ現役でいらっしゃいます。そのリンデ先生の功績を称えたのがこのシンポジウムなのです。

会場は、まさに大学の講堂であり、人数で言うとせいぜい300名入るかどうか、といった広さではあるが、さすが世界をリードするイエテボリ大とあって、ただならぬオーラを感じました。

メイン会場

ここで発表される先生方は、第一線の研究者であり、臨床家でもあります。まさに世界最高峰のDrが集まり、短期間ではありますが近年のトレンドを発表されます。私の、そして歯科の聖地ともいえるこの場所に初参加ということで、簡単にレポートさせていただきます。

テーマ“Looking to the future of periodontal/implant therapy”に沿った3つのパートがあり、各々

1、The future of periodontal and peri-implant diseases

2、The future of periodontal therapy

3、The future of dental implant therapy

となっていました。5日(金)は1,2が行われ、各パート4名のスピーカーがいらっしゃいました。

全体の流れとしては、歯周病の今後の展望や、歯周病・インプラント周囲炎らの全身との関わり、抗菌剤(耐性菌問題など)から、歯周病などで失った部分のマネージメント、欠損補綴の話、そしてインプラント周囲炎から~やはり歯を守るというわれわれの根本的な使命へと結びついていました。

また、特別講演として、The Jan Lindhe Award を受賞したDr.Schwarz Fの講演は歯牙を骨に置換させるというコロンブスの卵のような内容であり、確かにNyman先生のHealing following implantation fo periodontitis affected root into gingival tissue J.C.P/1980を発展させた論理で、非常に興味深く感じました。

シュワルツ先生1シュワルツ先生

1日半という短いスケジュールなのですが、会場には世界各国からこの会を楽しみにしていた面々が集まっていました。

私にとっては、論文で学ばせてもらっているお馴染みの名前の先生たちが、ティータイムには同じ空間同じテーブルにいる事に良い違和感を感じながら、聖地イエテボリを満喫していました。

T BerglundJan Wenstrom

T Berglund教授と、前教授Jan Wenstrom先生。

セリーノ先生

弘岡先生と大学院時代の同級生、ジョバンニセリーノ先生。現在スウェーデンのボロスでご勤務。

弘岡メンバー

弘岡先生夫妻をはじめ、セリーノ先生夫妻、富岡先生、古賀先生、ご指導いただいている先生方とスウェーデンの離島のレストランで夕食を頂きました。

この後船を乗り過ごしたりといろいろあったのですが、旅のハプニングもいい思い出になり、絆が深まった良い旅でした!

■2017/5/12、13 日本歯周病学会in福岡

5月12、13と福岡国際会議場で日本歯周病学会春が開催さえた。今回は認定医試験を受けていたため、参加必須でした。東京のメンバーからとってみれば、遠いところにはなりますが、多くの先生方に参加いただいてにぎやかになりました。(↓参加メンバーの一部です。)

日本歯周病学会2017春

今回は、当院からも2名の衛生士を引き連れて学会の雰囲気を楽しむのと同時に、勉強(仕事)をこんなにも楽しくやっているスタディーグループのメンバーとふれ合ってもらいました。

認定試験合格

一応、認定医の合格発表がありましたので、写真を一枚。弘岡先生も喜んで頂きましたが、万が一、万が一落ちてしまったら・・・考えただけでも恐ろしかったです(^^;)

懇親会

懇親会では、皆さんからお礼の寄せ書きを頂きました。私も師である弘岡先生に、フランスで事前に購入していたジャンパンのロゼをプレゼントしました。そう、合格予定だったので・・・落ちたらどうなっていたのでしょう(-_-;)

当院の衛生士

そして、いつもフレッシュパワーで頑張ってくれている当院衛生士2名。衛生士というお仕事は、僕たち歯科医師が安心して仕事ができるためにいなくてはならない大事なパートナーです。

いろんな刺激を受けて成長して、皆様のお役に立てることができれば幸いです!

■STP&ジャーナルクラブin東京

5月26日、STP&ジャーナルクラブで東京内幸町のいつもの日比谷国際ビルにて例会がありました。

ジャーナルクラブ前

少し早目についてしまった(意図的だけど・・・)ため、タイ料理を昼間からビールと共に。

そして日比谷に向かうのでした。

日比谷国際ビル

さあ、これから夜9時までどっぷりです。今日は症例報告をお願いされていました。

・・・今回の症例報告は割とまとまってツッコミどころが少ないんじゃないかなぁ?って思っていましたが、弘岡先生や同じくイエテボリに留学されていた富岡先生から鋭いご指摘を受けて、ちょっとびっくりしました。

視点がなんだか違う!一つ一つの診断が丁寧であり、それから続く治療方針まで論理的である。確かに結論的には同じ結果に行きついたのだが、まだまだ研鑽が足りない事に気づき、いい勉強になった。

やはり自分が行ってきた治療を客観評価してもらい、幅広い意見を頂く事は臨床医として最も効果的な学習にではないだろうか。

エビデンスに基づいた学習をする事は最低限必要であるが、実際の臨床は様々な理由があり、またエビデンスが解っていない事柄もあり、各々がセンスを発揮しなければならない。そういったセンスを磨くためにも、やはりこういった学習が必要だ。

そして・・・こういった場で発表するには、正確な資料を採取しなければならない。患者さんには大変かもしれないが、ぜひ協力をお願いしたい!

弘岡先生のご講演

最後に弘岡先生の恒例の講義がありましたが、今回は5th Jan Lindhe Symposiumの報告でした。うまく聞き取れなかった内容が含まれていたため、参考になりました。

今月は歯科医師会の大きな行事がもう一つ!

top>過去のトピックス

コピーライト